【悲報】売れないキャバ嬢の理由とは?

キャバ嬢としてお仕事をすれば誰でも高いお金が得られると思ったら大間違いです。

実はキャバクラで稼げる人はそんなに多くいません。

ホストだと売れないホストというように

キャバ嬢にも売れないキャバ嬢というのは存在します。

夜のお仕事では人気の無い人は稼げないといイメージが定着していますが

そのイメージ通り人気が無いとキャバ嬢はぜんぜん稼げません。

今回は売れないキャバ嬢はどうして売れないのか理由を考察してみます。

 

売れるとは?

キャバ嬢として売れるというのはどういう意味なのかというと

指名をして貰う事が出来るかどうかということです。

指名を沢山貰う事が出来れば売れている

指名を貰う事が出来て無ければ売れてないと判断されます。

 

売れない理由

容姿、スタイル、性格、運

夜の世界で成功するには様々な要因が関係してきますが

今回は売れない代表的な理由をいくつか紹介していきます。

表情が硬い

愛嬌がない

笑顔が少ない

可愛げがない

といったように笑顔が少なく愛嬌がない子と

笑顔で愛嬌がある子とお金を出して一緒に飲むなら

断然後者の子とお客さんは思います。

無意識なのかもしれませんが

暗い雰囲気で隣に居られると不快な気持ちを感じて指名に繋がる事はまずありません。

言い訳ばかり

何かあっても人のせいというキャバ嬢は

成功することは滅多にありません。

頑固で言い訳ばかりで

周りからの意見をちゃんと聞かず

「指名が取れないのはボーイがフリー席に回してくれないから」

など言い訳ばかりしてる子は売れないケースが多いです。

こういうキャバ嬢はお店も扱いづらく

周りのキャバ嬢とも関係が悪くなり険悪な雰囲気を出してしまっています。

自己投資をしない

売れるキャバ嬢は自分磨きにお金をたくさん使います。

新しいドレスに美容院にネイルにと常に新しい自分を演出しています。

売れない子は貸しドレスにネイルは伸びたままなど身なりに無頓着です。

お客さんは指名して無くても店内で他のキャストさんを見ています。

稼いだお金を仕事のために使うというのは納得出来ない人も居るかもしれませんが

同じドレスを着回すというのは

毎回同じ服でデートに来てる様なもので

男性客は新鮮味を感じません。

稼いだお金の一部は自分磨きに使うようにすると

新しい指名に繋がるのでオススメです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は売れないキャバ嬢はどうして売れないのか理由を考察してみました。

指名を貰うというのはファンを掴むと同じ意味です。

ファンを獲得する、ファンを持続させるにはずっと同じままではダメなのです。

出来る限り新しい自分を見せてお客さんを楽しませましょう!