【風俗スタッフ】必須!ビジネスマナーで一番大切な身だしなみの基本

風俗店員はネガティブなイメージで観られる事が多いので

他の業種よりも一倍身だしなみだけはしっかりとしてないといけません。

今回は風俗店員としての身だしなみについて詳しく紹介していきます。

 

身だしなみで第一印象が変わる

見た目というのはとても重要です。

パジャマとスーツでは受ける印象が全く異なります。

仕事の場においてスーツで革靴にビジネスバックのほうが

どうしたってしっかりとしたものを感じてしまいます。

身なりというのは相手に対して誠意を伝えるポイントの一つです。

身だしなみを綺麗にするというのは

あなたに会うのにこれだけ用意しましたと気持ちを伝えることが出来ます。

 

高価なモノを身につければいいというワケでは無い

身だしなみを良くするということは

なにも高価なスーツや時計、鞄、ネクタイ、靴を用意しなければいけない訳ではありません。

身だしなみを良くするのに最も重要なのは「清潔感」です。

パッと見た時に清潔だと感じるかどうか

それだけで受ける印象は大きく異なってきます。

 

臭いにも気を配ること

見た目にはシミや毛玉など全くなくても

相手に不快と感じさせる事があります。

それはニオイです。

なかなか気付くことが難しいのですが

毎日クリーニングに出せるワケではないので仕方の無いことなのですが

スーツは連日着用する事があります。

1日中着ていたスーツでも十分に汗や汚れが付着していますが

それを1週間着用したりするとどうしてもニオイが出てきてしまいます。

異臭を放ってないかスーツを嗅いで未然に防ぎましょう。

 

体臭にも気を付けること

臭いを放つ元は衣類だけではありません。

身体から出る汗などの体臭もニオイの元です。

風俗スタッフは長時間勤務が多いので

休憩の際などにはボディーシートなどで汗を拭きとることをオススメします。

 

身だしなみは昇格に繋がる

身だしなみをしっかり出来るというのは

社会人のマナーを弁えているということで

昇格に大きく繋がります。

いくら仕事が出来てもこの点が出来てないと昇格からは遠のいてしまうのです。

お店の顔である責任者(店長)がみすぼらしい人より

ビシッと決まった人の方が恰好が付きますよね。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は風俗店員としての身だしなみについて詳しく紹介させて頂きました。

風俗は悪い印象がある分、身だしなみは特に気をつけなければいけません。

面接の時など服装については厳しく見られます。

しっかりとした身だしなみで相手に不快感を与えないよう心がけましょう。