「3000円だけ!」っていうあれはホント?キャバクラの料金について詳しくリサーチ

キャバクラでよく

「2000円ぽっきり」

「3000円のみ」

と看板などにと書いてるのをみかけます。

しかし、行った事が無い人にとってはホントなのか疑問に思いますよね。

今回キャバクラの料金について紹介していきたいと思います。

 

ホントに2000円なの?

「2000円ぽっきり」

「3000円のみ」

これらの料金設定が本当なのかまずお答えしておくと

悪質なお店でなければ”ほぼほぼ2000円ぽっきり”です。

2000円や3000円など決まった金額に

消費税の課税があったり

サービス料としてベット10%加算されて実際には

数百円ほど割り増しになることがありますが

2000円+10%(サービス料)+8%(消費税)=合計金額

というお店が殆どです。

 

2000円に含まれる料金

2000円は1時間あたりのセット料金です。

キャバクラは1時間(1セット)いくらという時間で時間で料金が発生します。

分かりやすくいうと1時間飲み放題2000円という意味で受け止めて間違いではありません。

飲めるものは自分が座るテーブルに置いてある

ボトルのお酒が飲み放題で

それ以外のモノを飲む場合別途料金が掛かります。

このボトルの事をハウスボトル(略語:ハウス)といい

セット料金に含まれているお酒なのでこれだけを飲めば”2000円”で済みます。

このハウスボトルの飲み放題に加えてフリー(無指名)で女の子が隣に来てくれます。

 

頑なに注文当しなければ2000円

実際2000円だけで十分楽しめるのかというと難しいかもしれません。

指名しない限り女の子は15分~20分置きに入れ替わるのでまともにゆっくり話すことも出来ません。

女の子が入れ替わり立ち替わりする状況に加えて女の子はハウスボトルのお酒を飲むことが出来ないので

一緒に飲むためには店内のドリンクメニューから女の子に奢ってあげないといけません。

かたくなにドリンクを奢らず、誰も指名せずに過ごせば2000円で済みますが

楽しい時間を過ごせるかというと難しいかもしれません。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回キャバクラの料金について紹介させて頂きました。

2000円ぽっきりは確かに本当でほぼほぼ2000円で楽しむことが出来ますが

やっぱりキャバクラと言えば遊ぶお店なので

多少お金に余裕がある時に来店したほうが

気兼ねなく、キャバ嬢にも気を使わせること無く

満足いくまで楽しむことが出来るので

遊びに行く際はお財布に余裕がある時にしましょう。