【危険】キャバ嬢がホストにハマる理由とは?

多くのキャバ嬢に当てはまる事なのですが

ホストクラブに通った経験があるキャバ嬢はかなりの数居らっしゃいます。

キャバクラもホストクラブも性別が違うだけで営業の内容は差ほど変わりません。

お金を稼ぐ事がメインと分かっているのにどうしてキャバ嬢はホストクラブに通ってしまうのでしょうか?

今回はキャバ嬢がホストクラブにハマる理由を紹介していきます。

 

キャバクラがストレス職であること

キャバ嬢はお客を選べるわけではないので

嫌な相手であっても接客しなければなりません。

しかもどれだけ相手が苦手なタイプのお客さんでも

場を盛り上げるのがお仕事である以上

接客中は無理してでも明るく振る舞わなければいけないのです。

それにキャバクラは時給変動給制で頑張った分だけお給料がもらえます

なので不満そうに接客したりして指名が貰えなくなったりするとお給料は減ってしまいます。

更にキャバ嬢はノルマもあるので常にストレスを抱える状況にあります。

 

ストレス発散先がホストクラブ

誰よりも理解してくれるのが同業食のホストです。

昼の仕事をしてる友人にはどうしても本質的な部分ではキャバ嬢の悩みは理解されにくいのですが

同じ夜のお仕事のあるホストは仕事の悩みも理解してもらえて

更に異性としてのドキドキ感も味わえるので

一度ホストクラブに遊びにいくとキャバ嬢はとても居心地が良くハマりがちです。

また夜お仕事をしてる人は遊ぶ所が限られてしまい

同じ時間帯に遊び相手もいのでそういった点も含めて

夜もてなしてくれるホストクラブは最適な場所といえます。

 

ホストクラブでお金は使う?

キャバ嬢がホストクラブに通ってしまう心理は理解できましたが

同業であるホストにお金を使うのか疑問ですよね。

ホストがお金を目的として働いているのは

同業であるキャバ嬢が最も理解しているはずです。

答えを先に言ってしまうと、かなりお金を使います。

キャバクラで働いていることでそれなりにお金に余裕があり

更にお金をあまり使わないお客に対してどう思うか熟知しているキャバ嬢は

飲みたいと思わなくても楽しい時間を提供してくれていることへの感謝の気持ちを込めて

ホストへ高いシャンパンを注文したりしてます。

淋しさを埋めるためや、日頃のストレスを発散させるために

その楽しい時間をお金で買っているという感覚で通っているのです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回はキャバ嬢がホストクラブにハマる理由を紹介を紹介させて頂きました。

夜中に仕事をするキャバ嬢は昼夜逆転の生活をしていて

一般的な友達とは中々時間がかみ合いません。

更に昼に寝て夜に起きるような生活をしていると

社会にとって自分が異質なような気がして

夜中なんとも言えない虚無感に襲われ孤独を感じます。

キャバ嬢は寂しがりやで日々多くストレスを抱えています。

そんな中でお金を払うだけで楽しい時間が過ごせる同業のホストクラブに通ってしまう方が多いようです。

身を滅ぼさない程度に遊びはほどほどにしておきましょう。