指名が伸びないキャバ嬢の特徴

指名や注文などが給料に反映されるのがキャバクラなので

逆の場合まったく稼ぐことが出来ません。

むしろノルマに追われてストレスを抱えて

精神的に病んでしまう子も少なくありません。

今回は指名が取れないキャバ嬢の特徴を紹介していきます。

 

出勤日数が少ない

出勤日数が少ないと必然的に指名回数が減ってしまいます。

お客さんがお店に行ってもいつ居るのか分からず

会える可能性が低くなることからお客さんも

段々と来店する回数も減っていき

指名をする気が無くなってしまいます。

キャバクラで売れたいと思っている場合は

まず出勤日数を増やすことが大事です。

少なくとも週3日以上は出勤するようにしましょう♪

 

空気が読めない

天然や空気が読めないは紙一重なのですが

場の空気が読めず、ただ自分の話したいことだけを話すのはNGです。

こんな凄いことがあったんだ
あ、それなら私も!!聞いてよ!

キャバ嬢

上の例のように話を被せたりしていませんか?

ちゃんとお客さんの話を聞いて会話のキャッチボールをしましょう。

 

気配りが出来ない

 
・お酒がなくなっても言われるまで作らない

・灰皿にタバコがいっぱいになるまで交換しない

基本的な気配りができないとお客さんから指名を貰うことは出来ません。

お客さんに誠心誠意おもてなしをするからこそ

原価が数百円や数千円の食べ物やお酒に

高い金額を支払っているわけです。

高い金額を支払っていただいてることを忘れず

最低限それに見合うサービスを心がけをしていきましょう。

 

承認欲求を満たしてあげる

キャバクラの接客ではお客の話に相槌を打つだけでは

指名獲得までいきません。

承認欲求・自己顕示欲言い方は様々ですが

男性に限らず人間は自分のことを

認めて欲しい、褒めて欲しいという欲求があります。

接客の方針はこの承認欲求を満たしてあげることを

意識してみましょう。

キャバクラに来店される男性の生活の中心は仕事です。

男性客が仕事の話を始めたら「へーそうなんですか」というような

淡白な返事ではなく、興味がある・あなたについて知りたいと

相手に感じさせる聞き上手を目指しましょう。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は指名が伸びないキャバ嬢の特徴を紹介させていただきました。

キャバクラは風俗と比べると来客数が高いわけではありません。

その中でお客さんひとりひとりを捕まえて行かないと致命的です。

サービスがよくまた再来店したいと思わせることが出来ないと

キャバクラで稼いでいくのは難しいのです。

今回紹介したような指名がもらえなくなってしまうような行為を行うことは避けましょう。