<見極め>キャバ嬢がこの素振りを見せたら「脈なし」

キャバクラは擬似恋愛を楽しむ場所なのですが

分かっていてもキャバ嬢に恋をしてしまうお客さんは大勢います。

実際に本当に付き合うというのは体感全体の2~3割ほどなのですが

キャバ嬢を口説き落とそうとするのは険しい茨の道です。

今回はキャバ嬢がこの素振りを見せたら「脈なし」という振る舞いを紹介していきます。

 

アフター無し

同伴をOKしてくれるキャバ嬢は大勢います。

それは同伴するとキャバ嬢のお給料になるからです。

同伴はセット料金+同伴料金が発生し

キャバ嬢の売上になるのです。

しかし仕事後のアフターや休日に会うときは売上に直接関係がありません。

ホントにキャバ嬢がお客さんに気持ちがあれば

アフターOKしてくれると思いますが

お給料も無しにプライベートな時間を削ってまで会うのはイヤだと思われていたら

なんとかしてアフターを拒否してきます。

一概には言えませんが、それでもアフターを拒否されるのは

お客さんとしか見てないからなのかもしれません。

 

指名をしているのに発展無し

ずっと指名をしているのにその先が何も無い場合はなかなか厳しいかもしれません。

たとえば半年以上定期的に通って指名し続けているのに

アフターなどの店の外で会うのをかわされ続けているのであれば好意はないと考えていいでしょう。

キャバ嬢の中でお客さんへカテゴリーに分類されているので

なかなかそこから抜け出すのは難しいかもしれません…。

 

キャバ嬢からは連絡がこない

メールをして返信はくるけど

向こうからメールはきたことがない

こんな事ありませんか?

こういうケースの場合はキャバ嬢ではなくとも脈なしと考えてしまいますね。

キャバ嬢は営業メールは必ずします。

営業メールもこないとなると確実に”脈ナシ”と考えていいでしょう。

 

誕生日を忘れている

本来キャバ嬢として失格なのですが

そこまで大事じゃないお客さんの誕生日はうっかり忘れてしまいます。

たまたま忘れっぽいキャバ嬢という可能性もありますが好意はないでしょう。

 

予定を聞いても誤魔化す

「忙しくてまだ予定がわからないんだ。わかったら連絡するね」

これは、キャバ嬢がよく使う断り文句です。

好意があったらのならお誘いは断りませんし

都合が合わなかったとしても予定はすり合わせようとするものです。

繰り返しこれを使われるというのは

私生活に同棲してる男性が居て外出が困難だったり

もしくは店外で会うのは面倒だなと感じて避けられてるのかもしれません。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回はキャバ嬢がこの素振りを見せたら「脈なし」という振る舞いを紹介させていただきました。

キャバ嬢はいろんなお客さまから言い寄られることが多い職業ですので

通常のアプローチでは好意を持たれないのかもしれません。

自分の全力を投球しても今回紹介したような素振りが続いた場合は他のキャバ嬢へ移り変わるのもありかもしれませんね。