一般常識&マナー

面接時に役立つ情報満載

一般常識&マナー一般常識&マナー

面接時に役立つ情報満載面接時に役立つ情報満載

STEP01:お仕事を探そう

まず自分に合ったお仕事を探しましょう。
職種、働く時間、勤務日数、給料、勤務エリア、待遇面など、自身の希望するお仕事を幾つか候補を挙げる事をお勧めします。

1社だけだと既に募集を締め切っている可能性があるので、3つ位候補をあげてその中で一番希望に合った求人情報から順に応募していくのが良いと思われます。

STEP02:応募方法

応募方法は求人情報で提示されているメールや電話、LINEなど自身が応募しやすい方法で応募しても大丈夫です。どの連絡方法でもお店側が了承して公開しているので失礼になりません。

但し、24時間いつでも可と書いていても出来る限り10~17時位までの日中に連絡をする事を推奨します。お店側が24時間いつでも連絡して来て大丈夫と明記はしているものの、深夜などの時間帯で連絡をしてくると社会常識に疑問を持たれてしまいます。

深夜に連絡を入れる場合は「夜分遅くにご連絡をしてしまい申し訳ございません」とひと言入れるのも良いでしょう。

24時間応募OKと記載があったとしても緊急の場合以外は翌日に連絡をするのが良いかもしれません。面接は当日でも受けてくれるお店は多くあるので、急ぎの場合はお店の営業時間を確認して、朝一で連絡して本日中に面接したいという旨を伝えましょう。

メールでのお問合わせ

メールで応募するメリットは、相手の時間を拘束しない事と、用件を的確に伝える事ができる点です。

求人応募をメールでする際に注意する点がいくつかあります。実際に文章として見た方が分かりやすいと思いますので例文を紹介します。

おおむね、このような感じの文章で失礼は無いと思います。

ポイントとしては、

  • 件名に用件を必ず入れる
  • 何を見て応募したのか経緯を伝える
  • 自信の連絡先を記載しておく

この3点は必ず記載して送ることを推奨します。

電話でのお問合わせ

電話での応募の際、大事なのは連絡をする時間帯です。
開店・閉店近くの時間は慌しく作業をしている最中かもしれないので避けた方が良いでしょう。

想定できる忙しくない時間帯に電話を掛けるのがベストだと思われます。電話は相手を拘束してしまうので、手短に用件を伝えましょう。

電話の際は手短に用件を伝えましょう。

会話の流れは

  • まだ、求人募集しているか?
  • 面接の日時
  • 当日持参した方が良いモノの確認

おおまかですがこの流れで進めていけば問題ありません。
面接の日程はお店側がこちらの都合の良い時間でお越し下さいと言ってくれる事が多いので、予め幾つか候補を用意しておくと良いでしょう。

電話を切る際は「お忙しい中ありがとうございました。当日は宜しくお願いします。」と言うと先方に好印象を与えるので、ひと言添えてから電話を切りましょう。

STEP03:面接当日

いよいよ面接本番ですね。面接当日は注意すべき点が幾つもあります。しかし面接当日に注意すべき点、全てに共通して言える事は、準備をしっかり前もって行うかどうかです。

準備を怠れば散々な結果になってしまいますが、しっかりと準備をしておけば嬉しい結果がきっと待っていることでしょう。

服装について

服装は男性と女性で異なりますが、私服で面接に行く場合どちらにも言えることは清潔感のある服装で行く事です。洗濯してあるかど うかは当然のことで、ここでの清潔感とは見た感じ清潔感があるかどうかが重要です。

ヘビ柄のジャケットにヒョウ柄のシャツを着てる人に清潔感は感じませんね。
柄モノの服はやめて出来る限り無地のシンプルな服で行くと当たり障り無いのでマイナス評価にならないのでオススメです。

女性は清潔感のある私服で行けばOKですが、男性の場合可能であればスーツを着用していく事が望ましいです。

面接の際の対応

面接は約束した時間の5~10分前に到着するようにしましょう。
遅刻は当然厳禁です。また、早く着き過ぎたからと言って早く訪問するのもお店に迷惑になるので約束の時間まで何処かで暇を潰しましょう。

面接時は、担当者で無くてもスタッフの目が届く場所では常にしっかりとした姿勢を見せることが大事です。
担当者の目に触れて無くてもその会社のスタッフの目に失態が留まってしまったら「さっき面接してた人、待ってる間スマホでゲームしてましたよ。」などといった報告が社内で行われて結果、不採用に繋がります。

面接時は、色々な事を聞かれますが、面接官が気になる点は限られています。

  • 会社のスタッフと上手くコミュニケーション取れるか
  • 対人関係で失礼無いように振る舞えるか
  • 現在必要な人材かどうか

端的に紹介するとこの3点を重点的に見ています。
コミュニケーション能力と社会人としてのマナーは当然最低限求められますが、同様にその会社が必要としてる人材かどうかという点も重要です。

店側:昼間に働ける人が欲しい、夜は人が足りてる。
応募者:夜働きたい。日中は用事があって無理。

この場合だとお互いの条件が合わないので、採用を見送る事になってしまいます。
希望する条件がすれ違わないよう事前に問い合わせて聞いておくといいかもしれません。

どうしても採用を貰いたい場合は、シフトはお店側の条件に合わせることが出来ますとアピールすると理想的な人物像になります。

STEP04:その他マナー

基本的な事ですが、電話や面接時などの話す時の受け答えはかなり重要なポイントです。

しっかりと挨拶することは勿論ながら、質疑応答も結論から話すようにしましょう。
面接時では「結論から話す」ことが鉄則です。

聞かれたことに対してYesかNoとハッキリ伝えてから、ちょっとした希望がある場合は付けくわえて話しましょう。
また語尾を伸ばしたりせずハキハキと話し、正しい文法の日本語で会話をしましょう。

他にも若い年代の方にありがちなのですが面接中若者言葉を使わないように気をつける必要があります。

  • 大丈夫です。
  • 了解です。
  • ~みたいな感じです。
  • なるほど
  • ~っすね。
  • っていうか
  • 多分、~思います。
  • とりあえず/一応
  • ~的には
  • ヤバい
  • ぶっちゃけ
  • ガチ
  • 一人称がオレ

これらは面接時減点対象なので十分注意して下さい。

高収入求人を探す

© 2018 高収入TIMES事務局

男性求人 女性求人

totop